Enjoy Running Life - スイスを走る

2018年11月、48歳から海外赴任地のスイス・ジュネーブにて本格的に開始したランニングの記録

2020/11/5 Tペース走からの10kmタイムトライアルで自己ベスト更新!

今朝は、8kmのTペース走(設定 3'43"/km)に取り組み始めたのですが、途中から10kmのタイムトライアルに切り替え。

tetchiba.hatenablog.com

 

  • 設定メニュー:Tペース走(設定 3'43"/km) 8km→10km タイムトライアル
  • 結果:3'35"/km, 41", 38", 40", 39", 44", 41", 37", 40", 30"
  • 平均ペース:3'38"/km
  • 時間:36分25秒(10kmのPB更新)
  • コース:1周約975m(ほぼ平坦)
  • 平均心拍:138bpm
  • 最大心拍:159bpm
  • 平均ピッチ:189spm
  • 平均ストライド:145cm

 

f:id:tetchiba:20201105172404j:plain

f:id:tetchiba:20201105172421j:plain

 

2日前からの右足首上外側の痛みですが、昨夜時点ではまだ残っていて、就寝前にもよくストレッチとマッサージをしておきました。

 

今朝、起きたときは痛みはほとんどなくなり、違和感が残るぐらいだったので、痛みが出たらEペース走に切り替えるということで、予定どおりTペースにトライしようと。

 

新設定ペース(3'43"/km)になってからまだまもないので、今朝は8kmにしようと思ってスタート。

 

最初の数km走ったところで、心肺はまずまずキツイものの、足の痛みもなく、比較的楽に足を運べていて、平均ペースも3'38"/kmあたり。

 

今朝は、新設定ペースでのTペースをクリアできるかなと思っていました。

 

ところが、6km目のところで、駐車場から出てきた車に歩道をブロックされてしまい、止まりかけてしまいました(できるだけこのような状況にならないようなワンブロックの周回コースを選んでいるので、今朝のこれはとても稀)。

 

あ〜、せっかくいいリズムできたのになぁ、と思いながら止まりかけた際に、ふぅ〜、と溜息混じりの深呼吸をしたら、呼吸が楽になって、逆に、この ≒ STOP をきっかけに、よし、8kmでやめずに、10kmまで走ってみて、10kmの自己ベストが36分42秒(平均ペース 3'40"/km)だったので、ワンチャン、自己ベスト更新を狙ってみようと。

 

止まりかけたその1kmのラップは残念ながらTペース設定を少し超えてしまいましたが、その後は足の疲れが出てきたものの、上半身の力を使って足を運んで、なんとか平均ペースで3'40"/kmを超えないペースを維持。

 

10kmの自己ベスト更新できそうな感じだったので、せっかくのいい機会だから36分30秒も切ろう!ということで、最後の1kmはリズムを切り替えて、足に力も入れてがんばって走ってみました。

 

記録は、

 

  36分25秒(平均ペース 3'38"/km)

 

これまでのタイムを17秒上回っての10kmの自己ベスト更新

 

目標にしていた36分30秒切りを達成することができました!!

 

最近、腕振りで脇が開きガチなのに気付き、今朝は、脇をしめて走るように意識しました。

 

そうしたら、上半身と下半身がうまく連動して、楽に足を運べたことが自己ベスト更新につながった気がします。

 

幸い、走っている間は、右足首上外側の痛みは出ませんでした。

(走り終わった後に、少し痛み、というか違和感があるので、今日もよくストレッチ、マッサージをしておこうと思います。)

 

ところで、昨夜は、ビール&ワインを堪能しました(というかビールは毎日飲んでいますが)。

過去も振り返ると、自己ベストを出した前夜は比較的沢山のお酒を飲んでいることが多いです。

やはり、酒はパワーの源!!??

 

それはさておき、今年は1月、6月を除いて、毎月、5km、10km、ハーフマラソンのいずれかの自己ベストを更新できています。

 

次の目標は(ここから先はペースを1秒/km速めることもなかなか大変だと思っています)、

  • 5kmの17分30秒切り(3秒更新)
  • 10kmの36分15秒切り(10秒更新)
  • ハーフマラソンの1時間19分切り(32秒更新)
  • フルマラソンのサブ3(3時間切り)(まだ走ったことがない)

を目指してがんばります!

 

50歳を超えて、体力・筋力・気力は下降曲線を描いているはずですが、今のところ、それに対抗できているのではないかなと思います。

 

これからも怪我に気をつけつつ、加齢に対抗していきます!