Enjoy Running Life - スイスでサブ3を目指す!

48歳から海外赴任地のスイス・ジュネーブにて本格的にランニングを開始し、フルマラソンのサブ3(3時間切り)を目指しています。

2020/11/14 気温4度の中、手もみしながら30km走

今朝は、30km走。

tetchiba.hatenablog.com

 

  • 設定メニュー:30km(4'30"/km前後のペース)
  • 時間:2時間12分8秒
  • 平均ペース:4'24"/km
  • コース:湖岸含むほぼ平坦なコース(高低差約55m)
  • 平均心拍:133bpm
  • 平均ピッチ:181spm
  • 平均ストライド:125cm

 

f:id:tetchiba:20201114183126j:plain

 

最近、めっきり寒くなってきました。

 

ジュネーブの秋は(春も)ほんと短く、夏が終わればすぐ冬の季節に移ります。

 

今朝の気温は4度。

 

手袋はしていますが、手先が一番冷えますね。

 

手の甲や指先が冷たく固まってきて、霜焼けになりそうな感じです。

 

数kmおきに、大阪の商人のように手もみして温めながら走りました。

(ところで、手もみは、ごますりのようなイメージを与えますが、本当は、謙虚さと腰を低くすることを自分に思い出させ、相手に感謝する気持ちを自然に湧かせるための動作だそうです。)

 

今朝は、Eペース(4'29"/km-4'57"/km)の上限付近を目安に、ある程度、一定ペースを維持しながら淡々と30km進みました。

 

このぐらいのペースであれば、心肺はあまりキツくないので、時折やってくる足腰の疲れを上半身のひねりなど他の動作で逃して、いかに楽な気持ちで淡々と走れるか、いかに省エネで、できるだけ身体に疲れを感じさせないような走り方、フォームができるか、そんなことを考えながら今朝は走っていました。

 

tetchiba.hatenablog.com

 

股関節両側外側の張りはストレッチとマッサージのおかげか(昨日の坂道ジョグのおかげか)、今朝はマシになりました。

やはり、私の場合は、このぐらいの張りや少々の痛みであれば、休むよりも走った方が早く快復するようです。