Enjoy Running Life - スイスを走る

2018年11月、48歳から海外赴任地のスイス・ジュネーブにて本格的に開始したランニングの記録

2021/8/19 [世界の風景写真] リヒテンシュタインに初入国。チューリッヒの観光地・旧市街地・水辺をジョギング

昨夜はスイス最大の都市、チューリッヒに宿泊したので、今朝は、 チューリッヒ中心地の湖岸や観光地、旧市街地などをジョギングしてきました。

 

  • 設定メニュー:フリーペース
  • 距離:9.0km
  • 時間:46分14
  • 平均ペース: 5'08"/km
  • コース:石畳、砂利道、小橋、板道など
  • 平均心拍:114bpm
  • 平均ピッチ:171spm
  • 平均ストライド:114cm
  • ウィンドスプリント:5本  

 

f:id:tetchiba:20210819150707j:plain

 

昨日は、最終的にチューリッヒに到着する前に、ザンクトガレン(記事はまた後日)と、スイスのお隣の国、リヒテンシュタインに行ってきました。

 

f:id:tetchiba:20210819143359j:plainf:id:tetchiba:20210819143656j:plain

 

柵の向こうがオーストリア

 

オーストリアには今回は入国しません。


f:id:tetchiba:20210819143613j:plain

 

電車を降りて、1日に数本しかないこのバスで国境を越えます。

 

f:id:tetchiba:20210819143739j:plain

 

川が国境です。

 

検問などありません。

 

パスポートは一応持ってきましたが、活躍する場なく。

 

基本的に、リヒテンシュタインはスイスにかなり頼っている国なので、スイスの一つの街と言ってもいいかもしれないですね。

 

通過もスイスフランだし、お土産屋さんにはスイスの土産品が置いてあります。

 

f:id:tetchiba:20210819155707j:plainf:id:tetchiba:20210819155550j:plain

 

なんと、リヒテンシュタイン観光案内所では、リヒテンシュタインのお土産として、パスポートに、リヒテンシュタインの入国のハンコを押してくれるというサービス(ただし、3スイスフラン(約360円))があります!

 

f:id:tetchiba:20210819143833j:plain

 

丘の上にあるのが、ファドゥーツ城(Vaduz Castle)。

 

現在も、リヒテンシュタイン国王とその家族が住んでいることから中を見学はできないです。

 

f:id:tetchiba:20210819143858j:plain

f:id:tetchiba:20210819143937j:plain

f:id:tetchiba:20210819144009j:plain

f:id:tetchiba:20210819144034j:plain

 

城の横から見える景色ですが、川の向こうがスイス。

 

f:id:tetchiba:20210819144115j:plain

f:id:tetchiba:20210819150757j:plain

f:id:tetchiba:20210819150821j:plain

 

リヒテンシュタインは、ルパン三世の映画「カリオストロの城」に出てきたカリオストロ公国のモデルと言われています。

 

f:id:tetchiba:20210819150956j:plain

f:id:tetchiba:20210819151002j:plain

f:id:tetchiba:20210819151008j:plain


こんな坂道、階段を登って城に向かいました。

距離は1kmちょっとなので大した距離ではないですが、ほぼ直線的に登っていくので、それなりに疲れます。

 

でも、登った甲斐がある城と景色。

f:id:tetchiba:20210819141730j:plain

 

夕食は、チューリッヒの伝統的料理である、ツーリッヒャー・ゲシュネッツェルテス(Zürcher Geschnetzeltes)。


薄切り肉を生クリーム、白ワインで煮込んだもので、最近では、キノコや玉ネギのソテーが入っているものもあります。


付け合わせはレシュティ(こちらもドイツ語圏での名物料理。薄く切ったポテトを焼き固めたもの)が多いです。

 

これは超美味しかった。

 

今回の名物料理群の中でも一番。

 

以前にチューリッヒに来たときにも食べたのですが、そこはどのガイドブックにも載っている超有名店。

 

お店の雰囲気は良かったけど、ただ、味とサービスにはそんなには感激しなかったのだが。

 

今回は、ホテルの近くの旧市街地の中のビールレストラン。

 

でも、評価が高い店だったので、選んで良かった。

 

f:id:tetchiba:20210819153529j:plain

 

 

今回の旅は、スイス各地の名物料理をいただいて、観光地や旧市街地、水辺をジョギングする、というスタイルですね!