Enjoy Running Life - スイスを走る

2018年11月、48歳から海外赴任地のスイス・ジュネーブにて本格的に開始したランニングの記録

2021/12/4 L'Escalade エスカラード/エスカレード レース レポート

 

ジュネーブの旧市街の石畳、坂を走るレース、ジュネーブお祭りレース - L'Escalade エスカラード/エスカレード レースに参加してきました。

 

※レースの概要やコースの説明は以下参照ください。

tetchiba.hatenablog.com

tetchiba.hatenablog.com

f:id:tetchiba:20211205183159j:plain

 

天気予報どおり、朝からかなりの雨。

 

風もそこそこ強い悪天候

 

救いは気温があまり低くないこと(7度前後)。

 

私の出走予定は午後2時20分。

 

7.323kmと短い距離のレースなので、フルマラソン前ほどではないけど軽くカーボローディングということで、朝食・昼食とも炭水化物を多めに。

 

昼食はスタートの3時間前までに済ませました。

 

昼食前に自宅内で静的ストレッチ。

 

会場までは自宅から約2.5kmなので、天気が良ければウォームアップがてらジョグしていく予定だったのですが、あいにく傘をささないといけない天気なので、ウォーキングで会場に向かいました。

 

スタートの1時間前ぐらいに会場に到着し、Covid-19ワクチンパスポートのチェックを受けて腕にチェック済みの紙の輪を巻いてもらい、イベントビレッジに向かいました。

 

イベントビレッジは大きなテントになっていて、その中に飲食物やランニンググッズなどの販売出店があります。

 

空きスペースもそこそこあるので、雨の今回はこのテントの中で着替えている人が多かったです。

 

私も同じように、テントの中で空き場所を見つけ、上着を脱ぎ、シューズを履き替えました。

 

シューズは、HOKA Rocket Xで。

 

tetchiba.hatenablog.com

 

荷物預け場所がよくわからなかったので、インフォーメーションデスクに聞きに行きました。

 

担当してくれた方がフランス語だったので、断片的でしか理解できなかったのですが、大体の場所はわかったのでそちらに向かったら無事見つけることができました。

 

荷物を預けたのがスタート40分前。

 

同じく大きなテントの中のスペースを探して、そこで動き回らない系の動的ストレッチを済ませて、テントの外に出ました。

 

雨は午前中に比較すると少し小降りになっていたのでラッキー。

 

外に出てから動き回る動的ストレッチとAスキップ、Bスキップなどの動き作り。

 

そして、宗教改革記念碑の前でジョグ(1.5kmぐらい)と、ちょっとした坂を使って、軽く流しをしました。

 

沢山の人が同じようにウォームアップしていたのですが、中には早速滑って転んでいる人もいました。

 

自分も気をつけないと!

 

スタート10分前になったので、スタート地点に向かいました。

 

旧市街の狭い路地を走るレースなので、スタートは40分ごとに複数に分けられています。

 

その同じ時間帯の中で申告タイム(証明要)に応じてブロック分けがされていて、私は幸い、14時20分スタートの中では1番前のブロックAに入れてもらうことができました。

 

f:id:tetchiba:20211205183709j:plain

f:id:tetchiba:20211205183703j:plain

 

スタートゲートの横には音楽機材のテントが設置されていてノリノリの曲が流れていました。

 

欧米のレースらしいところでしょうか。

 

 

f:id:tetchiba:20211205183715j:plain

 

ブロックAの中でもかなり前に陣取ることができたので、アメフトの選手のすぐ近くまで来れました。

 

このアメフトの選手たちは大学生で、最初の50mぐらいをダッシュで先導してくれます。

 

これもこのレースの名物の一つになっています。

 

そして、カウントダウンの後、激しい号砲とともにレースがスタート。

 

最初はそこそこの上り坂が200mほど続くのですが、皆さん、ダッシュ

 

その中、遅いペースだと後ろからぶつかられたり、つまずいたりして転倒するリスクがあるので、私も足元と他のランナーに気をつけながら負けじと坂道ダッシュ

 

坂を上り切る頃にGarminを見たら、平均3'10"/kmペース。

 

いくらなんでも飛ばし過ぎ(笑)

 

これでは1kmタイムトライアルになってしまう(笑)

 

でも、転倒防止のためには仕方ないと言い聞かせて走り続けます。

 

400mぐらいで少し広い路地に出たところでランナーがバラツキ始めたので、ここでペースを落としました。

 

この時点でかなり息も上がって、足も使ってしまったのですが、このみんなで一緒に走る感が楽しくて、この時点ではそのしんどさが頭から吹っ飛んでいました。

 

いや〜、レースっていいですね〜。

 

昨夜からのかなりの雨で路地はかなり濡れていて、加えて少し砂利道もあるので、ランナーの背中側は泥はねがすごい状態になっています。

 

前のランナーの泥が顔に飛んでもきました。

 

そして、下りの石畳はできるだけ滑らないように気をつけながら走りました。

 

晴れていたらもう少しペースを上げられたかもしれませんが、今日の天候を考えると、転ばないことを最優先にしないといけない。

 

HokaのRocket Xはアウトソールは見た目かなりツルッとした感じなのですが、滑る感覚はあまりなかったです。

 

意外とグリップ力がしっかりしていました。

 

ありがたい。

 

そして、ありがたいと言えば、沿道の声援!

 

この風雨の中、沢山の方が応援に来てくれていました。

 

これは本当に力になります。

 

TETSUYAという欧米の人にとって読みにくい名前を連呼してくれた方、Merci beaucoup !!

 

1周目はかなり気持ち良く走ることができました。

 

そして、2周目、このまま気持ち良く走り続けたいという思いとは裏腹に、プチ故障中の膝が悲鳴を上げ始めました。

 

ウォームアップ時の軽い流し(20mほどの急坂の上りをダッシュ)では気にならず、行けそうかと思っていたのですが(レース前の高揚感が痛みを抑えていたのかも)、レーススタート時の3'10/kmペースでの200mの坂道ダッシュと、その後のクネクネ曲がり細かいアップダウンを繰り返す石畳道、そして、急な下り坂の影響か、溜まってきていた痛みが2周目でレースの高揚感を超過した感じです。

 

加えて2週間前に右膝を痛めてからはほぼゆっくり目のジョグ中心だったので心肺能力も少し落ちていたのか、心肺もかなりキツい状態になりました(Garminの心拍数表示以上に)。

 

2周目は声援に後押ししてもらって少しペースは落ちつつも何とか回り切り、3周目へ。

 

昨年は開催されず、今年はせっかく開催していただいたので、頑張って走りたい、その気持ちだけで3周目を走りましたが、ペースはキロ4分を超える箇所が出てきて、かなり苦しい走りに。

 

そして、ゴール。

 

  • レース:L'Escalade エスカラード/エスカレード レース 7.323kmラン
  • 時間:28分52.7秒(事務局正式発表タイム)
  • 平均ペース:3'57"/km
  • 平均心拍:118bpm
  • 最大心拍:146bpm
  • 平均ピッチ:188spm
  • 平均ストライド:135cm

 

f:id:tetchiba:20211205182358j:plain

※事務局発表値とGarminのタイムにずれがあります(スタートの計測場所が少し異なったのかもしれません)。

 

今回、28分切り(3'50"/kmペース)を狙っていったのですが、右膝・天候の状態から今回はこれが精一杯でしたね。

 

ただ、2年前の2019年の時には29分44秒だったので、50秒ぐらいはこのコースのPBを更新することができました。

 

f:id:tetchiba:20211205182928p:plain

f:id:tetchiba:20211205182937p:plain

 

全体で男性で3周(7.323km)を走った4,110名の中では258位、

50代のカテゴリでは589名中、19位でした。

 

f:id:tetchiba:20211205182920p:plain

f:id:tetchiba:20211205182945p:plain

 

レース後、着替えを済ませて、イベントビレッジの横で配布されていた Vin chaud(ホット赤ワイン)(ヨーロッパのクリスマスマーケットでよく飲まれています)と焼き栗をいただきました。

 

f:id:tetchiba:20211205183721j:plain

 

温まりました!

 

栗も甘くて美味しかった!

 

ありがとうございます!

 

tetchiba.hatenablog.com

 

これでこの秋冬に予定していたレースは全て終わりました。

 

次のレースは(その頃、まだスイス・ジュネーブにいる場合は)、来春4月・5月ですね。

 

それまでは4ヶ月ぐらいあるので、まずは痛めている右膝の完治を目指し(夜になって痛みが段々とひどくなってきました)、そして、再びフルマラソンの自己ベスト更新を目指してランニングを続けていきたいと思います。