Enjoy Running Life - スイスを走る

2018年11月、48歳から海外赴任地のスイス・ジュネーブにて本格的に開始したランニングの記録

2021/8/8 ウェーブ走 14km、土日合わせて49km。オリンピック男子マラソン!

今朝は、ウェーブ走。

 

tetchiba.hatenablog.comtetchiba.hatenablog.com

 

昨日、30km走で足腰は少し疲れているかなということで、速い方は少し緩めでキロ4分ペースとし、ただ、遅い方は差を30秒/kmと少なめに設定しました。

 

  • 設定メニュー:ウェーブ走(4'00"/km+4'30"/km、各1km x 7本、合計14km)
  • 結果:3'58", 4'27", 4'00", 4'30", 3'57", 4'26", 3'55", 4'23", 3'55", 4'25", 3'55", 4'32", 3'53", 4'24"
  • 距離:14.0km
  • 時間:58分44秒
  • 平均ペース: 4'12"/km
  • コース:湖岸のほぼ平坦な道
  • 平均心拍:153bpm
  • 平均ピッチ:183spm
  • 平均ストライド:130cm

 

f:id:tetchiba:20210808170449j:plainf:id:tetchiba:20210808170454j:plain

 

ほぼ設定どおりにウェーブ・変化させることができたかなと思います。

 

7本目(13km目)からGarmin心拍計がバグって突如180以上になってしまいましたが、感覚的には実際は160前後だと思われます。

 

ただ、ペースの上げ下げをすると、一定ペースで走っているよりも、心肺系に負荷がかかりますね。

 

やはり、変化走は良いトレーニングメニューだと思います。

 

ウォーミングアップ、クールダウンのジョグ 5kmを加えて、合計で19km。

 

土日合わせて49kmを走ることができました。

 

-----

 

ところで、オリンピック男子マラソン、やっぱり暑さがキツそうでしたね。

 

その中でも、やはりキプチョゲ選手は強い。

 

暑いとはいえ、このペースであれば、キプチョゲ選手にとっては余裕があるペースなんでしょうね。

 

それでも、オリンピックという舞台にきっちりコンディションを合わせてくるところはやはりスゴイ!

 

ラストランの大迫選手も頑張りました。

 

もう少し(できればパリ五輪まで)彼の本気の走りを見たいところですが、後進育成と陸上界を盛り上げたいとする彼の今後の活動に注目です。